menu

警察OB・元政治家秘書の社会評論家│渋井治雄が時事問題を語る

LATEST ENTRIES

金メダルを取るのは大変です、金メダルは全員に渡したらいいのではないでしょうか

オリンピック競技の出場選手も、日本のためにやっているというよりは、勝てば自分のためになることなのですから、金メダルを目指して頑張っていただきたいと思います。勝負事は何でもそうなのですが、勝たなければ評価されないもの、負けてしまうと中々辛いも…

眞子さまの婚約問題は宮中某重大事件とは比較にならない、溜息程度の話ですね

大正時代に起こった皇太子妃の決定をめぐる紛争。1919年(大正8)6月皇太子裕仁(ひろひと)親王と久邇宮(くにのみや)家の長女良子(ながこ)女王との婚約が成立したが、翌年、良子女王の母方の島津家に色覚異常の血統があることが判明した。皇室に色…

朝鮮半島の統一は韓国、北朝鮮の悲願だが、米国も中国もそれを許さないでしょう

米国や日本の首脳が韓国のオリンピックに行きたくはなかったであろうが、しかし韓国は、日米韓と言っている様に、形としては米国の同盟国(支配下}である。まさか、同盟国のオリンピックをボイコットするわけにもいかず、米国に言われて渋々、安倍総理も韓国…

公立小学校で総額8万円の制服、とても公務員である教育者の感覚ではありませんね

公の意味がわからなくなっている公務員がいるのですね。ましてや教育の立場のお方が、公立小学校で総額8万円もする制服の導入を決めてしまうのですから、これは業者と何かあるのかと勘ぐられても仕方がありませんね。公に生きている人は、常に全体に視点を置…

眞子さま結婚延期、何なのですかね、日本の国が本当に心配になります。

小室さん母めぐり雑誌記事=「元婚約者」金銭トラブル主張―眞子さま結婚延期 11月に予定されていた秋篠宮家の長女眞子さま(26)と法律事務所勤務小室圭さん(26)の結婚が、「色々なことを急ぎ過ぎていた」(眞子さま)との理由で延期された。…

東関部屋が創価学会柴又平和会館の傍に引っ越して来ましたね。

創価学会柴又平和会館も、最近できたものですが、葛飾区には創価学会の会館が他にも、いくつかありますね。それだけ会員の方も多く布教活動も熱心に行われているところなのでしょう。 信教は自由ですので、どんな宗教を信仰されようと結構なことなので…

私を護って下さっているのは不動明王様であることがよくわかりましたよ。

今から19年前の2月1日、総武線亀戸駅の商業施設内に易者さんのコーナーがありました。私は何気なく、その前を通ると一番奥の着物姿の女性の易者さんと目が合いました。すると、その易者さんは、私に「どうぞ」と座ることを勧めました。私は瞬間的に不思議…

相撲界は、文科省の監督下ではなく警察の監督下にした方がいいのではないでしょうか

税金が優遇されている公益財団法人が、まさか八百長は、やっていますと言うわけにもいかず、皆さん連日のガチンコ相撲、これでは怪我をするなと言う方が無理、おそらくは、どこも痛くない力士など一人も居ないのではなかろうか。 それと、今の力士は相…

韓国も北朝鮮も、そして台湾も中国も、元はと言えば同じ国民ですよ

大東亜戦争の敗北の結果、米英ソが予定していた通り、日本の国が、もし、米英中ソの戦勝国四国に分断統治されていたら、日本人同士が血を流さねばならなかったはずである。何度も言いますが、米英中ソ、四国による分割統治に蒋介石が反対してくれなかったら、…

西部邁さん死亡 自殺か 現場に遺書、よくわからない話ですね

21日朝、評論家の西部邁さん(78)が、東京都内の多摩川で意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡しました。警視庁は、現場の状況から西部さんが自殺したと見て調べています。 21日午前6時40分ごろ、東京・大田区田園調布の多摩川で評…

さらに記事を表示する